トップ / 結婚式の祝儀について

結婚式の祝儀の相場は

結婚式に招待された場合、祝儀を持って参列するのが日本人のマナーになっています。式場の格式、新郎新婦との関係、祝儀を包む側の地位や年齢、地域などによって変わってきますが、20〜30代の友人の場合は3万円が相場になっています。なぜ3万円かというと、新郎新婦が結婚式にかける金額を逆算すると、1人分の披露宴の食事代、引出物代が大体2万円前後になります。残りの1万円ほどがお祝い金となるためです。夫婦で参列した場合、二人分まとめて贈ります。相場はひとり2〜3万円ですが、お祝いごとでは偶数は縁起が悪いとされているため、間をとった奇数の5万円にすることが多いです。

ご祝儀に対する気持ちの姿勢

友人の結婚が決まり式に招待されると、私は祝福の思いと同時にとても楽しみで気持ちが浮かれます。式場には笑顔だけが溢れており、あの空間がとても大好きです。なにより友人の幸せいっぱいな姿を見るのが大好きです。しかし式に招待され、祝福しながらも、なかなか複雑な思いを抱えている友人も数名います。その人達は、毎月立て続けに式に招待されているのでご祝儀が痛いと言っていました。中には月に2回招待されている人もいました。流石にそれは金銭的に痛いかなと私も思います。ですが大事な人の晴れ舞台ならば、どんなに金銭面が厳しくとも私はお祝いに駆けつけたいです。その場で結婚おめでとうと言いたいです。現実として厳しく難しい問題なのだと理解しつつ、ご祝儀が痛いなんて思いながら式に参列するのだけは避けようという思いでいます。

結婚サプライズの情報

© Copyright 結婚にサプライズは必要. All rights reserved.